FC2ブログ

日本歌曲の夕べ

日本歌曲の夕べ

10月1日(火)に行われました。
ティアこうとう(小ホール)、ほぼ満席となりました。
多くの方から、とてもよかったとお褒めの言葉をいただきました。

「すごく綺麗な声で、驚きましたハート

発声が素直で、澄んだ声は、日本の歌曲にぴったりでした。
大事な歌詞も、良く聞きとれました。」

「いつから、そんなに綺麗な声だった?
聴いてて心地よかった」

「素敵な会で感動しました・友達だから言うのでは無く、美佐子が一番良かったよ」

皆様から、もったいないほどのお言葉をいただきまして、ただただ恐縮しています。


本人は、、、、

フルートと違って、楽譜を見ないで演奏するのは、しんどかったです。
はい、やりました。歌詞を間違えました。

怖くて、ビデオも録音も、まだ聞いていません。

今日は、私の誕生日です。
今日になったら、少し元気になってきました。
家族で、お祝いしてくれました。
すごくうれしかったのは、娘のプレゼントです。
若者向きかしら?
でも、ちょっとしゃれていて、品があって素敵です。
高校生の娘のプレゼントなので、たいしたものではないとは思いますが、私の宝物にします。

einokai.jpg

左から3番目が私、その隣が、葵先生です。

 葵先生は、それはそれはすばらしい歌を歌う方です。
今は、舞台に立つことはないのですが、
私が、芸大受験の時ソルフェージュを教えてくださいました。
当時、葵先生は、全盛で、あの上野の文化会館で毎年のようにリサイタルをなさって客席を埋めていました。
先生の歌を聞いて、いつか私も先生に歌を習ってみたいと思ったのです。
その頃は、どんなに有名な方の歌を聞いても、葵先生と比べると、私には物足りなく感じました。
すばらしい声とその豊かな表現で、いつも感動していました。
スポンサーサイト



日本歌曲の夕べ コンサートのご案内

 9月とはいえ、まだまだ暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
 私は、フルート奏者として活動しておりますが、声楽の勉強も長年続けてまいりました。
 ここ数年は、日本歌曲に魅せられ、歌ってまいりましたが、
この度、私の師でであります、ソプラノの加宮葵先生の「Aの会」のメンバーとして「日本歌曲の夕べ」に出演させていただくことになりました。
 メゾの斎藤良子さん、ソプラノの斎藤習子さんと、それぞれのプログラムを歌います。
 私のプログラムは、前半は八木重吉の詩による歌、やなせたかし氏のユニークな詩に木下牧子さんが作曲した「愛する歌」から、そして、後半は、山田耕筰先生の、赤とんぼ、この道、からたちの花等、親しみやすいプログラムをご用意いたしました。
 ご多忙とは存じますが、お時間がありましたら、ぜひご来場いただきたく
ここにご案内申し上げます。                                  
平成25年9月吉日

              記

日時  平成25年10月1日 (火)18:30開演
場所  ティアラこうとう 小ホール
全自由席 2,000円

uta.jpg

私の歌うプログラム

    ********     前半    ********
”小さな 七つのいろんなうた”     八木重吉 作詞
                     森脇憲三 作曲
  鶯
  果物
”時時の 六つのうた”       八木重吉 作詞
                  森脇憲三 作曲
  春の朝
 
歌曲集 愛する歌          やなせたかし 作詞
                  木下牧子   作曲
  ロマンチストの豚
  犬が自分のしっぽをみて歌う歌
  ユレル
  さびしいカシの木

     **********   後半   **********
この道       北原白秋 作詞
           山田耕筰 作曲
唄         三木露風 作詞
           山田耕筰 作曲
ゆりかご      平井康三郎 作詞 作曲
赤とんぼ      三木露風 作詞
           山田耕筰 作曲
野薔薇       三木露風 作詞
           山田耕筰 作曲
からたちの花    北原白秋 作詞
           山田耕筰 作曲


海にきらめく珠玉のチャリティーコンサート10

日本声楽家協会主催の「海にきらめく珠玉のチャリティーコンサート10」
が7月16日、芸大の奏楽堂でありました。
すばらしいコンサートでした。
日本を代表するオペラ歌手たちの競演ということですが、
本当に、どの方の演奏もすばらしくて、感激の嵐でした。
今まで、お名前だけで(有名なのに)その歌声を聞いたことがない方もいらして、本当によかったです。

20120710_598_convert_20120718000840.jpg

毎年、海の日に開いています。
来年は7月15日です。
絶対、来年も行こう!

出演
  ソプラノ
   島崎智子 田口智子 針生美智子 三宅理恵
  メゾソプラノ・アルト
   伊原直子 手嶋眞佐子 与田朝子 
  テノール
   川上洋司 望月哲也 山本耕平 
  バリトン
   片山将司 勝部 太 河野克典 小林大祐 高橋啓三
  ピアノ
   服部容子 森島英子 山口佳代
  指揮
   高橋大海

八木重吉による五つの歌

歌のレッスンに行ってきました。
私にとっては、この加宮葵先生の歌のレッスンが、何よりの栄養です。
「八木重吉による五つの歌」、始めて先生に見ていただきました。
作曲は畑中良輔氏。
一つ一つは、短い作品で、楽譜も7ページで収まります。
とっても素朴な歌詞で、これから大切に勉強していきたいと思っています。

今日のレッスンでは、また新たな発見が、
私は、いつも先生に、「もっと笑いなさい」「なんでそんな顔して歌ってるの?」ってよく注意されます。

なんだか、この日は、声を出す瞬間、とっさにこの先生のいつもの注意を思い出して、思いっきり頬骨上げて笑って声出したら、
なんだか今まで出たことない声が出ました。、、、、これでいいの?
と思ったら、「また新しい発見ね」とほめられてしまいました。
毎回、毎回、注意され、ということは、いつもダメだったんですね。
でも、こんな風に、ある時、何かがきっかけでできちゃうんですね。
「笑顔、笑顔、笑顔」次のレッスンまで持続しているよう指令を受けました。
先生、ありがとうございます。
がんばるぞ!
それにしても、私には、歌がとても自分のフルートの演奏にも、フルートの指導にも役に立っています。
フルートの音の鳴らし方、発声の仕方、共通点をよく感じます。


八木重吉による五つの歌         
                 八木重吉 詩

4.雨

雨のおとがきこえる
雨がふっていたのだ

あのおとのやうに
 そっと世のためにはたらいてゐやう
雨があがるやうにしづかに死んでゆかう

テーマ : 音楽を楽しもう! - ジャンル : 音楽

新しいパソコンと「さびしいカシの木」

新しいPCを購入しました。
前のパソコンは、まだ使えたかもしれませんが、なにしろ起動するのに30分かかったパソコンです。
何をするのも、時間ばかりかかって、ダメダメパソコンでした。
今回は、富士通のものを購入。
これで、ブログの更新ももっとできるかも。
これを機に、少しパソコンの勉強もしてみようと思っています。

そこで、今日は、PCに音楽を取り込んで、アップしてみました。
先日、加宮門下生の発表会がありまして、
私は、木下牧子作曲の歌曲を何曲か歌いました。
その中で、さびしいカシの木をアップしてみました。
この曲の作詞は、やなせたかしさんなんですよ。
[広告] VPS

テーマ : 音楽を楽しもう! - ジャンル : 音楽