FC2ブログ

大海先生、おめでとうございます

恩師である、大海先生のお誕生日会に行ってまいりました。
先生は、2月29日がお誕生日ですので、4年に一度のお誕生日です。
ちなみに、声楽の先生です。大先生です。
大海先生のもとから、たくさんの声楽家の方が育って世に出ております。
久しぶりにお会いしました先生は、お元気そうで、
たくさんのお弟子さんがお集まりでそれは華やかな会でした。

大海先生に教えていただいていた時は、本気でソプラノ歌手になろうとがんばっていました。
フルートと歌とフィフティー=フィフティーでした。
残念ながら、今は 8対2ぐらいになってしまいましたが。
でも、この歌が私にとってはとても勉強になりましたし、
今わたしが、フルーティストとして、また指導者としてうまくいっているのは、声楽のおかげだと思っています。
まず、呼吸法、今、私が自信を持って演奏できるのは、この呼吸法の習得のおかげです。
残念ながら、フルートの先生に、この呼吸の問題を正面から教えていただいたことはありません。
声楽には、呼吸法というものが不可欠でその辺しっかり教えていただきました。
そしてもう一つ、声のだし方。発声法というのでしょうか?
この、声の出方と言いますか、鳴り方といいますか、
フルートも歌も、音という点で考えてみますと非常に似ているというか同じであると思います。
歌をやったおかげで、フルートの音のことが非常によくわかるようになりました。
おかげさまで、自分がどのようにフルートを鳴らせばいいのか非常に明確になり、
また、生徒さんの音に関しても、非常によく分析できるようになり、フルートのレッスンに非常に役立っています。
今は、大半をフルートに時間をかけていますが、歌もできるだけがんばっていきたいです。
思いますに、勉強すればするほど、日々発見、アイディアも生まれ、まだまだ成長できる自分を感じます。

このお誕生会では、思いがけない方にも何人もお会いでき、とても楽しかったです。
その一人が、茨城県立松陽高校で非常勤をやっていました時の、同僚で、
バリトンの鈴木優先生です。
鈴木優先生は、今、大海先生の下でさらなる勉強をされていて、尊敬する大先輩でもあります。
7月13日につくば市のノバホールで「冬の旅」を上仲さん(ピアノ)と演奏するそうです。
上仲さんは、同級生です。私も行こうかな?


DVC00023_convert_20120229232824.jpg
☆楽しい会でした。先生ありがとうございました。
スポンサーサイト



テーマ : 音楽を楽しもう! - ジャンル : 音楽

皇帝円舞曲

アンサンブル”えむ”では、今「皇帝円舞曲」を練習しています。
次の、コンサートではメインになる曲です。
フルート4声+ピッコロ+ピアノです。
湯本洋司先生に編曲していただきました。
ウインナーワルツですから、すごく曲に乗れるんです。
今日は、久しぶりの”えむ”の練習でしたが、皆さん、とてもがんばっていました。
とてもいい感じです。
私は、指揮をするのですが、なかなか難しいです。
私の場合、指揮より、つい歌っちゃうんです。(苦笑)

テーマ : フルート - ジャンル : 音楽