FC2ブログ

♪ アンサンブル発表会を終えて

ソロの発表会に比べると、一人当たりの出番が、何曲もあって、
皆さん楽しかったかな?
ちょっと曲数が多かったと反省しています。

「おもしろかった、楽しかった、
アンサンブルは大好きです。ソロより好きです、、、、」
そんな、喜びの声を多数いただきました。
今回の発表会に向けて、何回か合わせの日程を組んだのですが、

良かったところ、
回数を重ね、だんだん気持ちもひとつになっていった。
アンサンブルということで、皆さんのやる気がどんどん高まっていくのを感じました。
すごくいい雰囲気で、みんな生き生きしていた。

反省点
曲によっては、合わせの回数が足りなかった。
合わせの日程が合わず、あまり合わせられないグループがあった。
誰と誰を一緒に演奏してもらうか?この組み合わせが非常に大変でした。
簡単すぎても、難しすぎてもだめ。
この世に、難しい曲はいっぱいありますが、
いい曲で、初級から中級の曲、、、なかなかありませんね。

まあ、いろいろありましたが、第1回目としては、よくできたと思います。
楽しい一日でした。
来年は、埼玉でいつもの、ソロの発表会やります。
ソロでもアンサンブルでも、
基本的なことが大切だと思います。


いい音が出せるか?
いい音は、いい音 → 耳に心地いいです。
いい音は、アンサンブルやっても、よく響き合い、きれい。
いい音は、音程もいいですから、よく合います。→ 異質な音は汚い。
ある一定のテンポを保てるか?
正しいアーティキュレーションをつけられるか?
強弱はつけられるか?
ソロでも、アンサンブルでも、やはり一人ひとりの技量が大切です。
がんばって、フルートの技量を高めましょう。
スポンサーサイト



♪もうすぐ、フルート教室アンサンブル発表会


プログラムができました。
アンサンブルのみの発表会です。
ピアノとフルート二重奏、三重奏もあります。
いつもは、ソロの発表ですから、
「ピアノの先生が合わせてくれますから、安心して思い切って演奏してください。」
なんて言いますけど、ピアノ入りはともかくとして、フルート三重奏といったら、三人で力をあわせるしかありません。
大丈夫です。練習通りできますよ。
今回は、21人の方が、28曲を演奏します。
私は、プロコフィエフのソナタ、3.4楽章
洋司先生は、アルフテル作曲:デプラを演奏します。
そして、プログラムの最後は、恒例の全員合奏で、
「アヴェヴェルムコルプス」
「千の風になって」
を演奏いたします。
今回は、いつもより盛り上がりそう。
楽しみです。

DVC00039_convert_20120524183747.jpg

テーマ : フルート - ジャンル : 音楽

オーケストラに入るには

プロの場合は、オーディションに合格すれば入団です。
でも、これは本当に至難の業。
オーケストラに席を置くとは、チャンスに恵まれたエリートですね。
まず、プロオケなんて数少ないですし、オーディションなんて、滅多ににありません。
私も、1回ぐらい受けてみたかった、、。
さて、アマチュアの場合はどうか?
これまた、大変です。
オーケストラには、フルートは、3人いれば、足ります。
よほどの大編成なら4人必要な曲もありますが。
フルートは大変人気のある楽器です。
ですから、募集なんてほとんどありません。
私は、生徒の皆さんにオーケストラに入ることを、お勧めしています。
だって、楽しいですよ。
それでは、どうするか?
まず、問い合わせてみる。
断られてしまったら、それまでですが、見学OKでしたら、足しげく通うことです。
何度も足を運べば、顔も覚えてもらえますし、そのうちチャンスが廻ってきます。
アマチュアオーケストラでは、たまにしか来ない上手い人よりも、いつも参加してくれる普通の人の方が、好まれるのです。
オーケストラに、興味のあるかた、がんばってください。

テーマ : フルート - ジャンル : 音楽