FC2ブログ

やなせたかし さんがお亡くなりになりました

先日、アンパンマンの作者として有名な、やなせたかしさんがお亡くなりにました。
テレビでも、伝えていましたが、「手のひらに太陽を」の歌詞を作られた方だと紹介されていましたが、
先日の日本歌曲の夕べのコンサートでも、私はやなせたかしさん作詩の曲をいくつか歌いました。
歌曲集「愛する歌」木下牧子作曲は、やなせたかしさんの作曲で、10曲ほどあります。
ネットで調べましたら、やなせたかしさんは、この他にもたくさんの作詞されているのですね。
それにしても、素敵な詩です。やさしい詩です。


♪ 犬が自分のしっぽをみて歌う歌 ♪ 作詞 やなせ たかし
                      作曲 木下牧子

ぼくはなぜ
しっぽがあるんだろう
ふしぎだな
ぼくのしっぽ
うれしいとき
ひとりでにふれる
いやだな
しっぽなんか
なければいい
ぼくはもっと
自己を確立しなくちゃいけない

ぼくはなぜ
しっぽがあるんだろう
おかしいな
ぼくのしっぽ
さみしいとき
しょんぼりたれてる
くさるな
しっぽなんか
なければいい
ぼくはもっと
プライドをもって
いなくちゃいけない
「しかしやっぱり
うごくぼくのしっぽ
かなしいな」
[広告] VPS




先日の「日本歌曲の夕べ」で、最後に「からたちの花」を歌いました。


[広告] VPS

2013.10.1 ティアラこうとう にて 



謹んで やなせたかしさんのご冥福をお祈りいたします
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)